水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

何故有るのか 4

以下は、樹木希林さんの、生きづらい若者へのメッセージです。



昔からの本を読むと およそ 同じことを言っている
自殺した魂は 生きていた時の 苦しみどころじゃ ないそうだ
本当かどうかは わからないけど
信用している


私は弱い人間だから
自分で命を絶つことだけは
やめようと 生きてきた
こんな姿になったって
おもしろいじゃない


KIKI KILIN 75才



彼女は、インタビューの中で、貴女の人生の中で何時が一番素晴らしかったですかと聞かれ、あまり考えずにこう答えました。


今ですよ、今、今が一番素晴らしい!!と


客観的にみてその彼女の今は、癌が全身転移をしていて、いつお迎えが来るか分からないような状態です。それでも彼女は、今と答えたのです。



この気持ちが分かると言ったら私は叱られるかも知れません、しかし何故か分かるなあと感じたのです。


私も同じことを聞かれたら多分、同じように答えると思ったのです。それは何故なのか、明快な答えは出せませんが多分、こういうことではないかと自問自答しました。


それは・・・・、


凝縮されるしかない人生を今生きているという実感です、だからと言ってぼーっとしている時もあります、あくびも出ます、しかし明日があるさという気持ちは余り無いのです。


今日を精一杯、明日目が醒めれば、その明日を精一杯でしょうか。


そんな人生を与えてくれている癌という病に感謝し、凝縮した今を生きられている、そんな今が素晴らしい!!と、私は思います。


でも、希林さんの思考レベルは遥か上の方と思いますが・・・・、


何故有るのか、生きているんだという感動を知ることで、この何故の一つが近づいて来たかも知れません。


失礼しました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。