水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

斉藤君、顔洗った?


小学校三年の時、有る朝私は遅刻をしました。


担任の先生は私を見るなり、表題の言葉を投げかけたのでした。


山の手と下町、その両方が混在する小学校、一方はベンツで送り迎え、一方は昨日も着た、その前もそのファッションだったという具合に、スタイルがいつも想像内の世界の住民、私の靴下はつぎはぎだらけ、そして洋服の肘は、私の鼻水でピッカピカでした。


あれから60年過ぎました、そのクラス会に、とうに90歳を過ぎた先生が来られました。私の、顔を見て、洗っていないでしょと、のたもうたあの先生です。


一人一人の先生への感謝の言葉が、次々と出されましたそして私の番と成りました。私は先生に聞きました、先生何故、私が顔を洗って居ないって!!、分かったのですかと?


先生は一瞬キョトンとして居ました、でも、しっかりと思い出されました。


斉藤君、それは貴方だけに伝えたのではないですよ・・・と。


あの頃の貴方達は、誰を見ても、顔を洗う所では無かったと思っていたのですよ。


肘はピカピカ、胸からお腹は、食べ物が飛んだ後だらけ、顔は、泥をこすった後がそのまま、こんなことって日常茶判事だったわよね。


だから、それは言うまでも無かったことなのよ。


それでも、良く学校に通ってくれたわねと、私は賛辞の言葉を投げかけたつもりだったのよと、先生は、話している内に、涙を浮かべていたのです。


そうだよな、学校に来ない仲間は沢山いたよな、それ所では無かったんだよなと。


先生、ありがとうございました。でも今は、顔、洗って居ますよ、シワだらけですが。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。