水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

連帯責任だって


あれは小学校5年の時くらいでしたか、授業中におしゃべりが多く、先生が切れたのでした。


私はしょっちゅうバケツを持って廊下に立たされていたので、またかと思いましたが、その時は、そうでは有りませんでした。


男子は全員並べ!!と先生、三年までは女の先生でしたが、4年からは体育の男の先生に代わって居ました。あたふたと、全員が先生の前に並びました、歯を喰いしばれ!!と何処かで聞いたことのある言葉、ふと見ると先生は平手を上に挙げ、まさに叩かんという状態でした。


男子の数は30人くらい、当時一クラス58人くらい居ましたので、かなりの人数でした。パシパシっと音が聞こえ始めました、いってえ!!とか、あ~とか、色々な声が聞こえました、本当に叩いていると、私はぞっとしました。


もうすぐ私の番だなと思ったその時、先生は手が痛いと言いながら、履いているスリッパを手に持ちました。冗談だろ!!、先生本当に怒っているんだとその時思ったのでした。
すると私の隣の、山の手君2が、ブルブルと震え始めました。


パシパシ!!、スリッパで叩く音が聞こえます、隣の震えがひどくなって来ます。しかし今考えると、汚いし、乱暴だし、良くも父兄が怒鳴りこんで来なかったと思います。かなり先生は絶対だったのです、先生の天国だったかも知れません。


私のほっぺたに、スリッパが当りました、真っ赤な先生の顔が目の前です、お前が丁本人かと思うような先生の顔、参ったなあ、しかし痛い!!とほっぺたを押さえて居ました。


すると、隣から震えと共に聞こえて来た、それは鳴き声でした。山の手君2が、泣きだしたのでした、泣きだしうずくまりました。先生は我に返ったのでしょう、山の手君2に、スリッパを振るうことは有りませんでした。


問題は、女子がずっと見て居ると言う場面、しかし山の手君2は、そんなこともうどうでも良かったのでした。ただ怖くて、ただ恐ろしくて、同じか・・・、でも彼のお陰でその後の仲間は、スリッパから免れたのでした。


こういう時代でしたね、連帯責任って、兵隊さんと同じでしたね。先生はやりたい放題だった、でも、何故か皆、先生を嫌いでは有りませんでした。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。