水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

WHO AM I

ある本に、日本人が一番死を怖れる、又は怖がると書かれていた。


世界中で一番という意味ではないだろう、先進国の中でとか、そういう比べ方だと思いました。でもそれは何故なのか、ご想像通りかも知れません、そうです「宗教」の違いなのです。


日本人ほど、お寺に参り、神社に参っている国民は有りませんね、明治神宮のお正月だけで300万人、物凄い数です。


しかし、その日本人の殆どは無宗教と答えますね、神社やお寺にお参りに行く割には、宗教を信じてはいないのです、



多くの宗教は、その経典の内容こそ違いますが、いわゆる「来世」を教えて居ます。多くと申しましたが、全部と言っても良いでしょう。


簡単に言えば、人はこの世を終わると、天国に行くという教えです。




日本人は、八百万の神の下に生まれながら、神を信じている人は余りおりません。明治神宮にお参りにいく300万人の殆どが無宗教なのですね。


人は生まれた途端に、死に向かって旅をする存在です。生まれなければ死ぬことは有りません。その死を迎えんとした時に、日本人は慌てふためくのです。自分は死んだら全てが無に帰すことを、怖れる、何処の国民よりも怖れるのでした。


それが、来世という考え方が、抜け落ちている結果なのですね。



来月で、私の余命の月が来ます。平成28年5月吉日、私は泌尿器科のお医者に後2年だなと、聞いても居ないのにその言葉を迫らせました。


私も殆ど無宗教です、大自然の働きそのものに、神を感じるような気持にはなるのですが、いわゆる宗教を心のバックボーンとして生きたことは有りません。



ただこの頃、こう思うことは有ります。自分という存在はある時、ある所に生まれ出たこと、そうならば必ずいつかまた、何処にか生を得ることだろうと。


しかし、それには何の意味もないことも分かっています、何故ならばこの世に生を受けた時に何も覚えていないように、何処かで得た生は、過っての私を知らないだろうからです。


でも思います、知っていたら大変ですよね。前世の自分を知っていて新しい生を生きるなんて、出来ないだろうし、それは嫌かも知れないし、知らないからこそ面白い人生が築けるのかも知れませんから。


WHO AM I


時折、鏡を観ながら、こういう質問をすることが有ります。



失礼しました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。