水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

雪景色 11(最終)


年を越し、終われなくなって来た「雪景色」、ちょっと大きな画用紙で、実力もないのに上手く表現したいという欲望に負けて来ました。進むと戻れないのが水彩画、油絵とは違うなあと勝手に思って居ます。


昔、ある先輩に、君は何を描きたいのかねと聞かれ、その問いの意味が分かりませんでした。今、箱根駅伝を見ながら、それは想いを貫くこと、そして「ありがとう」を伝えることと感じました。


何を描きたいのか、それは「ありがとう」を伝えたい為と分かり始めました。雪道の真ん中を歩く、後ろ姿の親子連れ、全身に陽を浴びる姿は、大自然にくるまれています。本当はこんな親子は居ませんでしたが、ありがとうを表現したいが為に、姿を現して貰いました。


ありがとう!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。