水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

ワイシャツゆらゆら 2


今日は一か月に一度の検診日でした。


癌が大きくなっているのか、そうではないのか、結果を聞きに行きます。


死刑宣告をわざわざ聞きに行くようなもので、震えます。お医者は、イチイチ震えてなんか居られませんね、ごく普通に数値を見ながら、淡々と語ってくれます。考えて見ればこの淡々さが良いのですよ。


これが、慈愛に満ちたお医者さんで、そのお顔が変化して、○○さん、大変ですよと言われても困る訳で。


そういう訳で、結果を聞きました「何でしょう、数値が上がって居ますね、もう一か月様子を見ましょうか?」と明るく語るお医者さん、目は笑っては居ませんでした、そこは見逃しませんでした。


帰りがけ、身体全体の調子が狂っていることに気付きました。ああ今日は布団に潜って寝ようと、寝られないだろうが、横になろうと、そんなことを考えながら家路に着きました。


後どれくらいかな、一年か二年かなどと・・・、考えても仕方がないので、ワイシャツの絵を描き始めました。心を静める為にと、しかし上手く行きませんね、今日はこれくらいで。ゆらゆらしたのは心の方でした。


追記
妻は出かけて居ましたが、先々月、結果が悪くても知らせるよと約束しましたので、辛いメールを送りました。それが良いのかどうなのか、分かりません。


失礼しました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。