水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

検診結果

月に一度の脅迫から解放されました。


結果が良いと、私より先生の方が笑顔なんだと改めて感じました。


それはそうですよね、患者の結果の善し悪しが、その患者の未来を奪ったり拓いたりする訳ですから。


良い先生だ、先生の方から、○○さんもう一年ですねと言われて私は驚きました。それはカルテを見ればわかることなのですが、そういう気づかい嬉しかったです。


病になり、先生と出会う、これも一つの運命だなと思いました。セカンドオピニオンを求めるご時世です、それはそれで重要なことと思います、自分の命を託すのですからね。


私は、この先生をこれからも信頼しようと思いました。


その先生の診察、私の前の患者さんが、診察室で叱られていました、先生の真剣な声が待合室まで届いて居ました。その内容は分かりません、でも真剣に怒っていることは分かりました。


そのことも、信頼をしようと思った出来事でした。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。