水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

あの~ 2

この19年で、沢山のパートさんが働き、そして辞めて行きました。それは、その職場のカラーが出来て行く過程なのだと思って居ます。


私共は本当に幸いに、一生懸命という言葉が似会う環境へと様変わりをして来ました。主婦としてだけでなく、社会で働きたいという動機、その中には少しでも稼ぎたいという必死さも有ります。


そんな真面目な職場を背中で引っ張って来たのが、彼女でした。


☆同業他社のアイロンラインです。



私  ごめんなさい、貴女の傷みも苦しみも、気づいて居ませんでした。


彼女 いいえ、自分の管理も出来ない私がいけないのです。


私  退職の気持ちは変わりませんか?


彼女 今のままではご迷惑を掛けるだけですから


私  手術も考えているのですよね?


彼女 ええ、このままですと普段の生活にも影響が出ますから、怖いですが考えて居ます


私  家事とか、やはり手首使いますね


彼女 使います、洗濯も勿論


私  ご主人は洗い物とか手伝ってくれるのですか?


彼女 いいえ、主人はずっと座っているだけです


この部分、長くなり面白いのですが、すみません、個人的なことっで、割愛します。



私 提案させて下さい、手術もするとのことで、どうでしょう、休職ということにしては


彼女 え!!、そんなの有りですか?


私  ええ、それが私の願いです。


彼女 そんな・・・・・、


私  提案を受け入れてくれるなら、来週頭に、朝礼をして仲間に伝えましょう。


彼女 ・・・・・、良いのですか?、・・・ありがとうございます。



もっともっと、内容は細かく深いものでしたが、おおよそこんな会話が成されました。



明後日、朝礼を行うことと成りました。


まだまだ一見落着では有りませんが、今は彼女の手術が上手く進むことを祈るばかりです


失礼しました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。