水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

人生とは何か 8  意識と魂

私達の人生は、今回の一回限りなのだろうか、100万回生まれた猫のように、何度も生まれ変わるのだろうか・・・・。


本当の愛を知った猫は、二度と生まれることは無かった・・・と、猫はいったいどこへ行ったのでしょう。


そしてそもそも、この私意識は、何処から生れているのでしょう。同じことを書きますが肉体が動くと私意識は動きますので、私自身の中に私が潜んでいることは確かです。



ある有名な脳科学者がある記者に質問を受けました。研究をしていて一番の課題は何でしょう、と。


それは、意識です。


脳の何処を探しても、これが意識だという所は見つからないのです。この課題はこれからも課題で有り続けます。



そもそも、人生がこの人生一回きりだったら、精神を高めて人の為に生きるとか、悪いことをしては行けないとか、そんなこと何にも成らないでしょう。


では改めて、人生とは何なのでしょうか?


私意識とは、どこから来て何処にあるのでしょうか?


残念ながら、これに答えられる科学は未だに有りません、上記の脳科学者と同じです。


これらの答えは、未だに、宗教の独占状態です。そしてその宗教の答えは、実に様々ではなく、実に似たような答えに満ちて居ます。


それは例えば、人生とは仮のもので、修行の場であるとか、魂の故郷は遠くの次元に存在するとか、そういう教えです。


魂かあ、意識ってこの魂のこと?と、思ったり。


得体の知れない、解決の見えない、思考の連鎖の中に溺れて行きます。




でも、何となく確信することが有ります、以前からずっと生きて来たと、そしてこれからも魂という意識は、違う肉体に宿り、形を結ぶのだろうと・・・、


未だ愛を知らず、沢山注がれて来た愛に気づかず・・・・、またいつか何処かで自分が誕生すると思った時私は、


う~ん、面倒くさいなと、ちょっと思ってしまいました。










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。