水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

田舎風景 2 (小法師さんの写真をイメージ)

日本の原風景、それは田植えだと思いました。


今や、人が植えて居る田んぼは少ないでしょうが、敢えて、手植えの景色としました。


お袋が生前、お前の絵はしつこいから気をつけなと、これは遺言として自分に言い聞かせて居ます。




あれは中学二年の夏休み前、通信簿をお袋に渡した時に、何故かお袋は烈火のごとく怒り学校に押し掛けたのです。


お袋 うちの子はね、数学だの国語はからっきしダメなのは知っているけど、美術だけは少しは増し、でも何ですか、この「2」は!!!


先生 何故かうろたえながら、○○君は、全然私の言うことをきかないし、全然違う絵を描くし、それが減点となったんです・・・と。


お袋 でも先生、2は無いでしょ、他と並べるとアヒルの行進ですよ!!せめて、美術くらいは、先生!!


これはお袋から聞いた話で、少し盛って居ます(笑)


これ、今なら、モンスター何とかですね。


でも、この絵も、だんだんしつこくなって来ました、これ以上しつこく成らないようにと思って居ます。


失礼しました。


*小法師さんの写真で、一時描き始めたのですが、挫折しました。申し訳ないです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。