水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

御浜富士の思い出 4

絵は、これでと思います。五月の新緑と田んぼの苗が、マッチする景色です。



さて、しかし、悪い予感が当りました。この田んぼのお米は、8月中旬の旧盆辺りに収穫されます。


しかしそこを、台風5号が襲い始めました。義弟から、悲鳴のようなメールが来て居ます。


この絵の田んぼが今は、湖のように溢れているのです。この水が引いた後、どのくらいのお米が無事なのか、いや、駄目だと思います。


☆これは違う写真ですが、水浸しになった稲の姿です。これは悲惨です。



のんびり絵を描いていること、義弟には言えません。


4、5月に田んぼを作り、ため池から水を引き、苗床を買い求めて(あるいは自分で育てて)そして田植えをする。


その後は、雑草を抜き、虫を追い払いながら、稲の成長を見守ること三カ月、やっと収穫という時に、招待されない客がやって来たのです。



明日、また、連絡が入ると思います。


全滅か、それとも・・・・・・・・・祈る思いです。


失礼しました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。