水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

やさしさ

妻がやさしい子ねと、テレビを見ながら言った。


それはコマーシャルの一コマ、私もそのコマーシャルは何度か観ていて、同感していた。



ある青年が、帰省したのだろうか、青年を台所で背中越しに受け入れて居る祖母だろうか、その姿を映している。


その後ろ姿を青年は頬笑みながら見つめつつ、ふと茶ダンスの上に置いてある写真を見つける、その写真は祖母の若い頃、オートバイの後ろにヘルメットを被って乗っている姿だった。


ここでコマーシャル、青年はスマホからアマゾンでヘルメットを注文する。アマゾンに頼めば直ぐに商品が来るというコマーシャルなのだ。


でも、そのコマーシャルは無視する。


次の映像は、青年が祖母をオートバイの後ろに乗せて走る姿だ。物凄い嬉しそうな祖母の顔が画面に溢れて映像は終わるのです。



これを観ながら妻が言ったのです、やさしいねと・・・・、



何か祖母が喜ぶことはないかと、日ごろから考えて居なければ、このような気づきと行動は出来ないと思う。


それがやさしさ、妻はそう思うのだろう。


どうしたらあの人が喜ぶか、どうしたら、どうしたらと他人の幸せを考える日常、それが自然な人達、そんな空間が何よりも愛しく、大事なんだと思った。


どうしたら、どうしたらと。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。