水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

九品仏 山門 2



「北風と太陽」という有名なイソップ物語が有ります。


旅人のマントを脱がすのはどちらだと、競争をする内容でした、結果太陽が勝つのですが


これは言い方を変えると、何が私達の「安心」なのか、それを問うているように感じます。


北のリーダーの安心は、スピッツのように吠え続け、一方で沢山の武器を持つことなんだと思います。


でもこれって、ただ、怯えているだけなのだと思います。怯えているから自分の身体の周りを何重にも鎧で覆い続ける、でも、鎧を百万枚重ねても「安心」は得られないのです。逆に、安心は遠ざかるばかりでしょう。



九品仏には、九つの仏様がおられます。じっと見つめていると、問いかけてくるのではないかと思う程に、それは慈眼に満ちておられます。


慈眼は、慈しむ心の現れと聞きました。


相手が何であれ、それを慈しむことが、人間が人間となれる登竜門なのかも知れません。


失礼しました。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。