水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

生命誕生

常磐線の電車の中で、赤ちゃんが生まれた。どういう偶然か知らないが、その妊婦さんの隣に座っていた女性(5人産んでいる)が、活躍して、赤ちゃんは無事に生まれた。


こう書くと簡単なようだが、そんなことは無かっただろう。衛生面や知識、あらゆるものが足りない中で、とにかく産まれて来る子と母親を助ける!!その一心が、二つの命を助けたのだ。


こんな感動があるだろうか、私は記事を読みながら久しぶりに泣けた、泣けた。


良かったなあ、良かった、良かったと、乗客の誰もがそのように思ったに違いない。


☆マザーテレサのような奇跡のご婦人



ミトコンドリアから動物まで、生命を繋いでいくことが、その大きな目的だろう。それが何故なのかは神様でないので分からないが、この生命誕生に対して何故か泣けて仕方がない。


電車の車内で、赤ちゃんが誕生したのは初めてだと言う。それはそうだろう、この赤ちゃん、物心がついた時に、このことを聴かされるのだろう。お母さんはね、君を電車で産んだんだよって。


それは平成30年の一月、間もなく新しい年号になる。


そういえば、私の父は、明治・大正・昭和と生きた、何故かそれが自慢だったなあ。しかし新しい天皇となれば、私も昭和・平成・??を生きたことになる。


それがどうした!!って、何でもないよな。



でも、この赤ちゃんに祝福を、そして頑張ったお母さんに乾杯を、そして何よりも電車で赤ちゃんを取り上げたマザーテレサのような奇跡のご婦人に、ありがとうを。



失礼しました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。