水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

タンポポのような人

小さな小さなタンポポが咲いて居ました


コンクリートの間で、こんな所に生まれたんだね


生まれたところで咲くんだ、それしかないものね


君の仲間はどうしたろうか、咲いたのは君だけなんだね、そうだよね



このタンポポ、翌日には居ませんでした。


工場脇のコンクリートの間、ここは沢山のトラックが走ります。



生まれた場所で咲く、それ以外選べないから。


そんなタンポポを思わせるパートさんが居ました。


今は大病をしていて休んで居ます。


彼女のタンポポのような姿は、他のパートさん達に疎まれ、恨まれ、仲間外れにもされた、でも彼女はあきらめなかった。


自分が関わった場所で精いっぱい働くこと、それが彼女の人生でした。


そして、その本当さは、いつの間にか波紋のように会社内に広がったのです。


広がり広がり、人の本当に初めて出逢ったように、いつの間にか全員が仲間になって行ったのでした。



小さな小さなタンポポ、翌日には居なくなったタンポポ、その姿はそのままそのパートさんを映していた。


小さな小さな会社は、小さな小さなタンポポのように、片隅に花を咲かせたのです。


ありがとう、本当にありがとう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。