水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

伊根の船宿



どれくらい前だろう、昔妻と行った写真が出て来た。


その小さな写真と、おぼろげな記憶を集めながら描きました。



数十年前です、伊根に船宿があるという、何でも家の一階から船に乗り漁に出るというのだ。そこに行って見たいと妻と出かけたのですが、遠い遠い、東京から何時間掛かっただろうか。


途中有馬温泉に泊まり、翌日日本海に出て、先ずは天の橋立に出てしばし観光して、いよいよ伊根に向かった記憶があります。



これは観光船か忘れてしまったが、海から眺めた伊根の船宿です。こういう船宿がどれくらいだろうか、ずーっと連なっていた。内海なので、海が荒れることも無いようだ、羨ましいような環境でした。


写真を整理して居ます、写真だけでなくゴチャゴチャと溜まった訳の分からない物達が、納戸に溢れています。


片づけ無きゃなあ、後で娘が何か言いながら捨てている光景は、良くないものな、と。


もう一度、日本海側を車で能登辺りから西に進みたいと、写真を見ながら思いました。


まだまだ、生きなきゃなあ・・・・、



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。