水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

かくれんぼ

かくれんぼ 僕はここだよ 日が暮れる


小学生の頃、よく九品仏で「かくれんぼ」をやったなあ、その頃の九品仏浄真寺は、かくれんぼをやるのに、うってつけだった。お墓も広く、本堂の裏側にはそれこそ隠れる所がいっぱいだった。


そんなある日のかくれんぼ、私は格好の隠れ場を見つけて隠れた、でも、その私を誰も見つけてくれなかったのです、遊んでいるのは大方が商人の息子達で、夕方になると家の手伝いをしなければならないのでした。


私は一人とぼとぼと家路につきました、見つけてもらえないかくれんぼ、もうそれは遊びではなく、一つの苦い人生でした。


でも、そんなかくれんぼを、全くそのまま受け入れていた方がいらっしゃった、この話を聞き、そうだよなあと何故か安心したり、笑ったり、思い出したり、それぞれの事情を懐かしんだりと、忙しかったです(笑)



良寛和尚の逸話です。


日も暮れやすい秋の頃、良寛和尚は、例のごとく子供達とかくれんぼうをした。


和尚は、刈り入れが終わって高く積まれた藁ぐまの中に隠れたが、夕暮れになり、子供達は、和尚を一人残して帰ってしまった。


翌朝早く、近隣の農夫が、藁を抜こうとそこへ行くと、奥から和尚が出て来た。驚いた農夫は、


「おや、良寛さま」
と叫んだ。すると和尚、


「黙れ、子供に見つかるではないか」と。



これはどこまで本当かと思うのですが、自分の体験を思うと、あるよなあと思えて成りません。


見付からないようにかくれるのが、かくれんぼ、でも、見つけて欲しいのがかくれんぼ、人は寂しがり屋なんです。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。