水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

妻の想いが聞こえてくる

妻とのなれ染めは、ある勉強会での出会いだった。その勉強会では、写生会なども有った。


私は多分、それを利用したのだと思う。少し絵が得意だった私は、仲間を横目に、彼女に近寄った。ああでもないこうでも無いと、一緒に描くようになったのでした。


彼女は、雲を描いても、木を描いても、全部綿あめのようになってしまう。結局それが直ることは無かったが、付き合いはだんだんと深まっていった。


考えて見れば、絵、様々でした(笑)


☆墓参りの帰り、左側が妻、右側が姉です。二人とも少し斜めです(笑)



あれから45年くらいか、絵などの縁ではなく、もっと深い所に縁があって結ばれたのか、物語を作るのは自由なので、仏教で言う「縁起」の中に今は居ます。



そんな妻が今は寡黙になった、ある日、偶然に妻の手帳を垣間見る機会が有った。偶然というのは、妻が開いて何か書いている手帳が、後ろから見えてしまったのだ。


あるページに私は驚いた、それは数値の羅列で、何か数独でも始めたのか思ったらそうでは無かった。


それは、私のPSA(癌の良悪の数値)という数値だった、毎月出る数値、それに一喜一憂するのだが、妻はその数値を聞いてもあまり反応を示しては居なかった。


何だ、俺の命に無関心かなどと、気付きの浅い、自分のことしか考えて居ない私でした。



そうこれはあの、相田みつをの詩


君看よ 双眼のいろ


語らざれば憂い無きに似たり・・・・


妻のひとみを私はちゃんと見たことが有りませんでした。でもその時、向き合った妻の目は、何とも深い色をしていたのでした。


語らないで、泣かないで、ぐっとこらえて想いを奥に仕舞っている、そんな妻の目に私は引きこまれ、己の浅さに憤慨したのでした。


ありがとう、そしてごめんよ。


いつかは別れが来る、それは分かっていますが、でも私には詰まらぬ望みが有りました、それは私が後には残らないという、自分勝手です。妻を自分が送るなんて、それはきついきついことです。


本当に私は、自分勝手、自分勝手、でも本当にありがとう。


失礼しました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。