水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

迷わせるなあ

自分の命のことですから、まやかしで無い限り、いろいろな情報の中で迷うのです。


こんな記事が有りました。


前立腺癌(私の病です)くらい、素直な癌はないと、悪い言い方と成りますが、死へのエレバーターがしっかりと確立していて、殆どの患者がそのエレベーターに乗って旅立っていく、そういうものでした。


他の癌は、こんなにエレベーターは確立されていないと、天国への向かい方には、様々なルートがあると。



つまり、前立腺癌は、死に行くルートが同じだと言うのです。だから安心だ(笑)、とも言えるのか?、だから前立腺癌の治療法には進歩がないと言える、というのです。


では、どうしたら・・・・?


その記事にはこのように書かれて居ました。



前立腺癌は、男性ホルモンを栄養源としている、だから今の治療はほとんどがホルモン療法となる、つまり癌の栄養源を全て断つ!!、これで癌は成長することが出来ないと。


でも、いくら栄養源を抑えても、癌は何時の日か復活します、それも100%。それは何故か、そう癌自身で男性ホルモンを作るようになるのです。これをホルモン抵抗性癌と呼びます。こうなるともう、天国(地獄?)へまっしぐらなのです。


現在の標準治療では、上記三行を抑える術はありません。これは一つの死刑宣告に他なりません。




しかし記事はこう切り返します。


何であれ、余り抑え続けれらたら、誰でも抵抗をする。これでどこからも男性ホルモンは出ていないと続く療法、それを一度止めて見たらどうですかと、提案して居ました。


記事はその理由を更にこう書いて居ました。癌を迷わせるのです、男性ホルモンが出ているようなそうでも無いような、時折女性ホルモンのぬり薬を貼ったりして、何だ!!これはと迷わせる。


迷っている内に、10年、15年と過ぎることは有り得ると。実際にそのような患者さんはいらっしゃるとのことです。


癌は、支払い不足で止まってしまった水道の蛇口に、口を開け続けているようなもので、そこで、たらったらっと水が出始めたらどうだろと言うのですね。


迷います、この考えはあるちゃんとした泌尿器科医の意見ですので。決して長生きをしたいということではなく、真っ直ぐに下っていき、どこにも寄ることがない、死へのエレベーターは改めて、ご免だと思うのです。


迷よわせるなあ、本当に・・・・(--〆)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。