水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

光と影の風景

前から描きたかったテーマ、群像と申しましょうか、その光と影を描きたいと思って居ました。


しかしなかなか上手く行かず、参考となりそうな絵が、ネットの外国人が描く水彩画に在りましたので、ちょっと盗作?をしました。



ヨーロッパの何処か、空が抜けるように美しく、ざーっとした感じで人を描き、景色もざーっとして居ます。


そんな感じで描いて見ました。


人と光と影、それがテーマです。足なんか、無いくらいですね。人間の目は、そこに何があるか、適当に描いても補う力があり、無理にちゃんと描かなくても良いようです。


特に群像は、一人一人ちゃんと描いていると、返ってリアリテイが無くなり、観ている方の想像力も減ってしまうようです。


絵は、ちゃんと景色を写し取る必要はなく、感じた光のまま浮かび上がらせれば良いと、これはあちらの水彩画家の言葉です。


そうですよね、ちゃんと写し取れと言うなら、カメラが有りますね。


でも、このちゃんと写し取らなくて良い、これが難しいこと難しいこと、ちゃんと描いた方がやさしいと改めて思いましたよ。


ああ、こうやって抽象画が出来始めるんだと、妙に納得しました。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。