水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

物事はついででは成就しない

散歩のついでに、富士山に登った人は居ない


そんな言葉を聞いたことがあります。当たり前なんですが、自分の人生を振り返って見ると、重要なことを簡単に考えて生きて来たことが多いです。


天性のいい加減さ、そういう血が自分には流れている、沖縄流で言えば「なんくるないさ~」でしょうか。



絵を描きながら、益々、そういう私と向かい合って居ます。いい加減なんです、ここはこうで良いやと、もうパレットに違う色を混ぜるのも面倒くさいから、この色で行っちゃおうと、そんな感じです。



雨の飲み屋街、こんなシュチュエーションが好きなのも、結構いい加減に描けるからかも知れません。


酔っ払いの親父達、ひと待ち姿のご婦人の後ろ姿、そんな人達を昔昔、武蔵小杉の飲み屋街に現しました。私もこの中の何処かに居るのかと思います。


何だか中途半端なので、もう少し描いて行きます(描いたら差し替えます)。いい加減なのに、中途半端は嫌いなのです。


しかし、物事はついででは成就しない、この言葉は肝に銘じております。



失礼しました。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。