水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

抵抗

私の癌は終わり方に、余り多様性がないことが分かりました。


多様性がないとは、ある段階を越えると、施しようがなくなるのです。つまり末期の姿に多様性がないのです。


分かりづらいですよね、この言い方・・・・、


この癌の末期は、去勢抵抗性前立癌という公称で呼ばれます。


これはホルモン抵抗性癌という意味で、男性ホルモンを唯一の栄養とする癌が、ホルモン療法で男性ホルモンをを全て止められてもいつの日か、癌自身が男性ホルモンを作り始めるという癌の「抵抗」なんです。


癌が自ら男性ホルモンを作り始める、何という自助努力でしょうか。


その自助努力が、自分の親を殺してしまう、そして自らも死ぬのです。


馬鹿なのは癌なのか親なのか、両方ですね(笑)


☆右側の怖い絵が「癌」です、図の通り、彼が自ら男性ホルモンを作り始めるのです。



自らが作った男性ホルモンを自らが食し、そして再び成長を開始する、それももうスピードで。


それまで牛のスピードでの成長だった前立腺癌は、俄然、新幹線となって体中を駆け巡るのです。


多様性がないとはこのような意味で、同じ病なら、必ずこのような道を通りって、神様の元へ向かうのです。



癌が抵抗するなら、自分も抵抗しようかなと思う日々です。


無駄な抵抗かも知れませんが、世の中には、いつの間にか癌が消えてしまった、枇杷の葉っぱで治った、ニンジンジュースで治った、いや、祈祷して貰ったら癌が逃げて行った、等々。


でも、こういう方法は止めて置きます。今の標準治療は続けながら(でも良くもって、後二年くらいでしょう)、ホルモン療法が効いている内に、何か違う方法を見つけ出そうと思って居ます。


乞うご期待!!



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。