水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

映画と時間と錯覚と

ウエストサイドストーリーというミュージカル、今でもブロードウエイでヒットしていると聞きました。


思い出します、53年くらい前です、そこは丸の内ピカデリーというロードショー劇場、ミュージカル「ウエストサイドストーリー」が上映されると言うので、学校では大騒ぎでした。



何故、大騒ぎだったのかは覚えて居ません、しかしそのミュージカルが、とても面白いと評判だったのです。この頃娯楽と言えば、映画とパチンコ(高校生は駄目)、そしてチャンネルが増え始めたテレビでした。


私は一人で、このミュージカルを見に行きました、16歳の時です、たしか・・・。


確か、朝の十時に初映で、私はその時間に行きました。驚き、桃の木、サンショの木、ブリキにタヌキに蓄音器、など、当時の驚いた感じを表現したものですが、いや、驚きました。


私はその初映から続けて4本、見てしまいました。一歩も映画館から出ないで、当時はそんなことが出来たのでした。ダンスのすばらしさ、歌の新鮮さ、どれも驚きでした。


しかし・・・・、一番驚いたのはこのことでした。


I君 ウエストサイドストーリーって、たった一晩の物語なんだ。


私  え~!!、そ、そんな馬鹿な・・・・・、


I君 良く思い出してご覧よ、トニーがマリアと逢って、その翌日には殺されたんだぜ


私  そういえば、そうだなあ、と。私はストーリーより、歌とダンスしか見て居なかったんだ


一日に4本も見て、全然それに気付かなかったんです。


あっという間の4本、でも一本は2時間以上有ったと思います。何て短いんだ、あの社会の先生の授業の長いこと長いこと、でもたった50分くらいだよなと。


たった一晩の物語、それを二時間以上掛けて映していた、この短さは何だと、まさにそれは、映画と時間と錯覚でした。


好きな映画は短い、それは多分錯覚だろう、そして時間はその面白さに反比例する、この4本の映画、私には睡眠感覚よりも短かった。


失礼しました。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。