水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

運転免許証の返上に思う

運転能力は、確かに年齢と共に落ちるだろう。私も、相当気をつけて居ますが、たまにあっと思うことが起きます。


これは運転だけではないことは勿論です、家の電気の消し忘れ、鍵の掛け忘れなんて、結構あります。


あるお客様、80歳くらいに成られるだろうか、私が伺った時にはお留守だったのですが、汗をかきながら戻って来られました。


私   どうされました?


お客様 ええ、鍵を掛けたか不安になって、考えている内に戻った方が良いと思って


私   そうでしたか、でも・・・・


☆ここで言葉を遮られ、お悩みを話し始めました。


お客様 この頃、あれはどうしたか、ガスは止めたか、電気は消したかと、出先で思い
    始めると落ち着かなくて、三共さん私、出掛けることが出来なくなっているの
    よ。



結局お客様は、のっぴきならないご用事で、出かけられましたが・・・・・、



ある日、私の車の前を、トロトロと制限時速40キロの道路を、20キロくらいで走っている軽四輪、私は少しイライラしながらも、トロトロを後ろを走って居ました。


そして踏切に差し掛かりました、安全運転な車、さぞかし一時停止も長いだろうと思った時、何とそのトロトロとしたスピードのままで踏切を抜けたのです。


一次停止無し!!、
何だこの車はと思いつつ、片道二車線の広い道に出ましたので私は、その車の横を走りました。お歳の程は想像ですみませんが、90歳近いご先輩とお見受けしました。


う~ん、自分も歳を重ねて、仕事をリタイヤ出来れば、運転免許返上もあるなあと思って居ます。でも、それは個人の判断に委ねられても居ます。このご先輩、次の免許更新の時に是非落ちて、返上をせねば成らないことを祈りました。



でも、そんなことにも気付かず、いつの間にか免許期限も切れたことにも気付かず、運転し続けるとしたら、どうなるのかと想像し、不安にも成りました。


人は加齢と共に、忘れる、認知症にもなる、運動能力も極端に落ちます。


怖いなあ、日々走っている沢山の車の中には、それこそ沢山の「個性」がハンドルを握っていること、忘れてはいけないと強く感じた瞬間でした。



あのお客様、安心してお出かけに成られているかなあと、ふと思いました。



失礼しました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。