水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

善Qさん

先輩の字名(あざな)です。


昨夜はこの善Qさんとその仲間たちとの、忘年会でした。


私には尊敬したり、慕ったりする人は余りおりません、しかし善Qさんは別なのです。


そして私は、この善Qさんの生き方に惚れて居ます、惚れてはいるものの、そのような生き方はとても出来ません。


昔は一歩でも近づこう追いつこうとしていた時も有りましたが、有る時そうではないとそれは違うと気づきました。



佐田まさしの詩に、


僕たちは別々の山を


それぞれの高さ目指して


息も継がずに上って行く


山人達のようだね



そうなんだね、それぞれの山をそれぞれが上っているんだと、妙に納得したのです。それから、先輩のようになりたいと思う気持ちはそのままに、自分の上るべき山を見上げるようになったのかも知れません。


彼も誰もが踏みしめる人生の道、それぞれに出来る道、ふと振り返るとそれは、ワインディングロードとなり霞の彼方に見え隠れしている。




善Qさんは今、ある老人ホームの運転手、その実際の姿を私は知らないが、きっと送り迎えされるご老人達は、生き生きしているに違いない、そう感じる。


だって、どちらが年上かわからないだろうから、その声はバリトンで、柔らかく車内に響いているだろうから。



善Qさんは、アクセスを操る、パソコン名人でもある。


私はしばし、病のことを忘れて、善Qさんと仲間たちと語り合った。


忘れているはずの病の話が、後半ガンガン出始めた、皆さん質問上手でいろいろ引き出されてしまったんです、ということは話したかったんですね、私。


騙されたなあ(笑)、でも、嬉しかったです。


また来年!!と、解散、そうだ来年も元気で逢いたいと、決意をしましたよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。