水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

親友という腐れ縁

彼は小学校の時、隣の6組だった。


その名はひろし、付き合いは無かったが、妙に有名な男だった。中学に入り2年目、彼は私の隣の席に座った。


嫌な奴と一緒になったと思ったら、彼も同じことを思ったらしい、私も誰にも劣らない変人だったのだと思う。その変人同士が、60年近く経った今でも席を同じゅうしている。


高校は別々だった、そして彼は父親の都合で遠くに引っ越して行った、それが千葉県、親父さんが一戸建てを購入したんだ、おめでたいことだったんだ。


千葉の家の庭に親父さんは一本の桜を植えた、太さは数センチ、高さ一メートル半くらいの苗木だったそうた。


その桜がこれだ、太さは80センチくらいだろうか、途中から幹が分かれて見事な枝を張って居る。彼の成長と、この桜の成長は、兄弟のごとくだったろう。



桜は大学から帰って来た彼を暖かく迎えただろう、そしてサラリーマンとなった彼を毎日送り迎えをした、そして結婚、桜は頬を染めながら彼の新婦を迎えたに違いない、少しの嫉妬をしながら。


桜は枝を大きく張り、緑を蓄えて、その子供達に毎日遊び場を提供した、時折、私達家族とのバーベキューも、微笑んで眺めて居たに違いない。


その子供達も一人、一人と、旅立って行った、その度に桜は枝を落としながら涙を流したのだろう。



昨日私は、その幹に手を当て耳を近づけて言葉を交わした、何も聞こえては来なかったが、雨に濡れた花弁が、私の肩に、腕に、頬に、舞い降りて来た。これ以上の相槌はないだろう。


親友と言う腐れ縁、彼のかみさんと、私のかみさんは、何と息の合うことか、変人の妻同士、彼女らも十分に変人なのかも知れない。


ありがとう!!、私は心から桜に60年の想いを伝えた。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。