水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

美術大受験の思い出 1

古い古い話です。


今から50年前の話、私はある美術大学を受験しました、それも二回も・・・・。


絵の道に進みたいと思いこんでいたのです、でも若い頃のそんな思い込みは重要だと今でも思って居ます。そしてそれは見事に打ち砕かれるのですが・・・・。


その頃私は、美術の予備校に通って居ました、それは受験の絵を学ぶためです。変な話ですね、受験の絵を学ぶって、でも普通の大学でも同じですね、その大学に入る為の学びを積み重ねる、それは美術でも同じでした。


君なら受かるよ!!とその予備校の先生が太鼓判をくれました、その先生はまさに私が目指す大学の出身でした。私は有頂天になりました、君なら受かるという麻薬のような言葉を鵜呑みにしたのです。


受験はまず、石膏デッサンからでした。それは、私が井の中の蛙であることを思い知らされた苦い体験の場でした。


石膏デッサンは、馬鹿にするなかれ、一日四時間で二日に渡って成されます。二日間で八時間を掛けて一つの石膏を描くのでした。画用紙に木炭で描くだけのデッサン、それに8時間とは・・・、いかにその美大が石膏デッサンを重んじていたかが分かります。


教室に入ると目の前に三つの石膏像が並んで居ました、右端にブルータスが有りました、私は迷うことなくそのブルータスを選びました。


☆これは、ある美大生のブルータスの木炭デッサンです。私が描いた角度もこれくらいと記憶して居ます。



後ろ側にも石膏像が三つ並んでいました、つまり一つの教室の前後に六つの石膏像と、その前に六人の受験生が並んでいたことに成ります。


静寂なその教室、木炭を操るスースーという音が返って、その静寂を増して居ました。私は自信が有りました、あるデッサンを目撃するまでは・・・。



続く・・・・、

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。