水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

夕雨の街(二子玉川辺り) 最終


抽象画も、このような具象画も、描いている内に同じなんだなと思い始めました。


実際、描いている内に、撮った写真の景色とは似て非なるものになって行きます。いつの間にか、心の風景を描いているような気がして来ました。


色なんかも、全然違う雰囲気になってしまいます、自分の好みの色をいつの間にか置いているのです。


そして思いました。


これが自分なんだなあと、妙に安心しました。



病を得て、引き算の人生が始まり、いつも自分とは何かなんて詰まらないことを思う日々の中、何を俺は確かめようとしているのかといつも思います。


でも、そんなこと分かるはずも有りません。


ぼーっとしながら、しかし一つのことに集中し上手い下手ではなく、そこに色が踊った結果、自分が現れる(笑)、なんて思っても良いかなと。


多分落選でしょうが、出して見よう、現れた自分を出して見よう、川崎の公募展にと思いました。


応援よろしくお願い致します。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。