水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

渓流から怒涛へ

確か、年賀状絵の原画のタイトルはこんなでした。


今、ブログはタグ分けしていますが、全然そんなことやって来ませんでしたので、原画をと言われて、はて、どこだっけと探した次第です。



不思議だなと思ったのは、展覧会へ出した絵は45号でした、この絵はP6号くらいです。絵は大きさではないなと、感じました。



さて、今年の漢字一字が決まったと、横のニュースでやって居ます。


今年は 災 でした。わざわいとも読むし、さいとも読みます。災害・災難・火災・震災・天災・被災、沢山良くない言葉が浮かびます。


でも、こんな災の使い方もありますね、それは・・・・、


無病息災、です。


息災にお暮しでしょうか、などと使います。息は和らげるという意味があるそうです。災難を和らげる、そんな意味でしょう。


日本語って、積み上がり積み上がり今日の日本語があるのでしょうが、本当に難しい、でもだからこそ、様々な表現が出来るのですね。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。