水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

たまには本業の話です。

でも、クリーニングの話ではなく、毛玉のことです。


ある時お客様から、クリーニングをすると毛玉まで取れるのねと、やけに感心されたことがあります。余りにも感心されたので、それ以上言うことを止めました、取れるわけがないことを説明することも面倒だったからです。



でもそれ以降、際立った毛玉を取った時には、それをお伝えすることにしました。



☆ダッフルコートの毛玉です、繊維は綿と化学繊維の混紡です、毛玉の多い原因はこの混紡に有りますね。



☆右側半分の毛玉を取り除いた状態です。



☆綺麗になりました。



見違えるようにきれいになりました、これでワンシーズンは大丈夫でしょう。



私共では、毛玉も汚れの一つと認識しております。ですから、気が付いた毛玉は喜んで処理しております。


失礼しました。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。