水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

人生を教えられた記憶 2

親父は真剣に聞いた、お母様がどうされたのですか、と。


先輩 少し長く成ります、お許し下さいますか?


親父 どうぞ


先輩 実はお袋の目が良くなく成りました、今は殆ど視えません、お袋は一人暮らしです
   、齢70を過ぎました。


   私は9人兄弟姉妹の9番目です、しかし今その9人は誰もお袋と一緒には住んで居
   ません。長男も次男も、姉達もその下の兄達も、住んで居ないのです。最もお袋が
   来なくて良いよと、言い続けては居ます。


   私はどうしたら良いでしょう、私には今家族が居ます、実は少し話をしたのですが
   お母さん心配だわとは言うのですが、まさか自分達がとは思って居ません。何せ9
   番目ですから・・・、まさかと思っていると思います。


親父 貴方は立派な会社の係長さんでしたよね、しかも出世頭と息子から聞いて居ます。
   一流証券会社の係長さん、お袋さんは、それがご自慢ではないのですか?


先輩 お袋は、村中にそれを広めて居ました。内の息子はこうなんだよと、そういう意味
   では自慢なのでしょう。


親父 ちょっと考えさせて下さい。一世一代の悩みに回答なんか出来ないが、そして私が
   何と言おうと、決めるのは貴方ですよと。


もっともっと、長い話でした。しかし掻い摘んで言うと、こんな内容でした。


親父は、下町の親父でしたが、信念の人でも有りました、だから先輩も相談に来たのだと思います。その信念の人の回答とは・・・・、それは私を驚かすには十分でした。


続く・・・・。

熊野古道です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。