水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

明けましておめでとうございます。

旧年中は、私の拙いブログを閲覧下さり、本当にありがとうございました。本年も、頑張りたいと思っております、よろしくお願い致します。



雪道に、自らを太陽に向かわせて見ました。20年間、夜ばかり歩いて来たような、そんな人生にお別れの年と成りますよう。




終活の年賀状が増えました、ずーっと万葉集から抜粋して年賀状を送ってくれて来た、Aさんから、これで終わりね!!と、さっぱりした挨拶が有りました。


万葉集の一節が載って居ました。


新しき年の始めの初春の 今日降る雪のいや重け吉事


これは万葉集一番、最後の歌(4516番)です。貴方様の行く末が「いや重け吉事」でありますように、と


結ばれて居ました。


人生は始まれば必ず終わりがあります、この地球も、この大宇宙も同じでしょう。そうやって大自然は生成化育するのですね。私達はそのほんの一瞬の中にいるんだと、いつかまたほんの一瞬におつきあいしたいと思った、年賀状でした。


失礼しました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。