水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

タンポポと私

会社の駐車場の脇、コンクリートで土は見えない場所に、タンポポがいつの間にか咲いて居ました。


何処からか種が飛んで来て、ここに落ちたのでしょう。人生で言えば、運の悪い生まれとでも言うのか、与えられた環境で必死に命を繋ごうとする力を感じます。


私     何処から来たんだい?


タンポポ  玉川の方から


私     玉川の方が良いよね


タンポポ  風が吹いていてさ、逆らえなかったんだ


私     仲間はいたのかい


タンポポ  居たさ、でもわからないよ


私     君をそこから動かすことは出来ないな、ごめんよ


タンポポ  いいよ、動かしたら死んじゃうから
 
      でも頑張るよ、ここが定めだからね



私は、ホースから水を少しずつ流しながら、彼に与えた、黄色い花はその瞬間きらきらと輝いた。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。