水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

他に行くとこなんて、無いですよ(笑)

私が瀬田という所に住んでいた頃、近くに駐車場を借りていました。


その駐車場の大家さん、その駐車場のすぐ横に住まわれて居ました。


駐車場借り賃を、毎月大家さんに支払いに行っていました。振込でも良かったのですが妙に、その大家さんに逢いたかったのかと思い出して居ます。


その頃私は30代後半だったでしょうか、大家さんは85歳は過ぎていらしたでしょう。その大家さん、おばあちゃまで、可愛い人でした。


こういう言い方は不謹慎ですね、でも、お年を召して居る程に、可愛い人っていらっしゃいますね。背丈は145センチに満たないおばあちゃま、その立ちふるまいも優雅な方でした。


ある日いつものように支払いに行くと、まさにおばあちゃまは出かける所でした。


私      何処へ行くのですか?


おばあちゃま まあ、この歳になって行く所は一つですよ!!


私      え!!、それは何処ですか?


おばあちゃま 病院ですよ、他に行くとこなんて有りませんよ(笑)


私      あ!!、いってらっしゃい・・・と



私はいつも、この支払の時におばあちゃまと雑談をするのが、楽しみでした。でも、だんだんとそうも行かなく成ったのでした。


それから間もなくおばあちゃまは、天国の人と成りました。



このことを、良く思い出します。何故なら今は、このおばあちゃまの気持ちが少しは分かったかなと思うからです。


おばあちゃまは既に、引き算の人生に入っていたのでしょう。その頃は、足し算の人生しか知らない私に、それが分かるはずも有りません。


でも、明るかったなあおばあちゃま、タンポポのようなという言葉が相応しいなと、思い出して居ます。こんな人間に成りたい!!とも、私は思って居ました。



踏まれても 咲くタンポポの 笑顔かな



実際、踏まれたタンポポが、笑顔だったかのかは誰にも分かりません。でもおばあちゃまは笑顔でした、少なくとも私には笑顔のタンポポでした。


失礼しました。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。