水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

ちょっと(かなり)良くないです。

検診の結果です。


私の病は、男性しか掛かれない癌です。この癌は、非常に進行がゆっくりであることが研究により明らかになって居ます。


しかしそれは、ある程度までで、ステージ3~4に成りますと、鈍行だった電車が新幹線に乗り替わるのです。熱海か小田原で、乗り換えるようなものです。


大阪まで、8時間で行くところを、3時間で行ってしまう訳です。



そういえば、せごどん(西郷どん)で、吉之助が江戸から薩摩まで走って帰る場面が何度かありましたが、あれはフィクションでしょうね。男の足で急いでも50日掛かったとか飛脚でも20日以上は掛かったと聞きました。


司馬遼太郎は「竜馬が行く」の中で、竜馬があちこち向かう時には、殆ど船を使って居ました、船だと、江戸から薩摩まで10日程でしょうか。風にもよりますね。



話が逸れました。


さすがの、のんびり屋の私の癌も、スピードを上げて広がって行くようです。今の医学ではこれを阻止することは出来ないのです・・・・、と、私の掛かり医が言って居ましたが・・・・。


一方、そうでもないことも分かりました。


☆IMRT、宇宙船のような機械です。放射線を出しながら、くるくると回るのです。
痛くも痒くもない、勿論麻酔は必要ありません。そして保険適用です。



放射線治療が、この数年で非常に発達していることが分かりました。これはIMRTという治療器なのですが、これを備えている病院はそうは無いことも分かりました。


私達の細胞は、放射線で死にます。被ばくを想像していただければ分かります、そして癌細胞も例外ではないのです。この放射線を癌細胞だけに当てることが出来れば、癌だけが死ぬわけです。


それが可能になるのが、IMRTなのです。


しばらく私は、このIMRTを求める旅に出ようと思って居ます。といっても、仕事が有りますので、そう遠くには行けません。



会社が再生するまでは、死ねない、このスタンスは変わっておりません。


失礼しました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。