水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

九品仏 山門 3


昔昔、このお寺の「お面かぶり」という4年に一回の行事に、お稚児さんとして私は参加しました。


☆お面かぶりの行列です。本堂から、九つの仏様が鎮座しているお堂に向かって、いや反対です。九つの仏様が鎮座している三つのお堂から本堂(釈迦如来)に向かって、九つの仏様が釈迦如来に逢いに行くのです(多分)。



この行列に参加するお稚児さんと呼ばれる幼児達、これはこの浄真寺の檀家さんの家々で、3歳から5歳の男の子が狙い撃ちされて、参加となるのです。その頃は何も知りませんでしたが、両親はさぞかし散財したのかと思って居ます。


お寺の行事は、行事でなくても、とにかくお金お金だったのです。まあそれは過ぎたことですので、今は思い出だけを大事にしたいと思って居ます。


両親が、そうやって子供達を愛したのだと思います、それが大事な思い出です。


失礼しました。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。