水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

宅配の思い出(夜逃げ)

これは私がクリーニングの宅配(外交)をしていた頃の思い出の一つです。こうやって社会のなにがしかを学んで来た、そんなことを今感じて居ます。



☆見事な引っ越し(夜逃げ)
これは見事でした、そのシュチュエーションとも言える前日祭も、今から思えば演出だったのだと思います。


ある日お客様から電話が入り、カンカンでした。ブランド品のブラウスのシミが落ちていない!!、何をやって居るんだお宅は!!、弁償して頂戴!!と、何かあると弁償弁償が口癖のお客様でした。


すぐに飛んで行き、そのブラウスを預かりに行きました。そんなにシミは無いけどなと思いながら、あの~、ご集金はいかがでしょう?とおそるおそる尋ねました。


何言ってんのよ!!、それが無事に出来てからよと、このお客様の請求額は確か15万円程有ったのです。一か月分では有りません、数か月溜まっていたのです。


そして翌日、私は前日の内にブラウスのシミを直し、直ぐにお届けをして、集金をせねばと焦っても居ました。


すぐに怒鳴りつけるお客様、でも外見は上品な奥様です、その度に、頭の中で私は「人生変えた方が良いよ」と呪文を唱えて居ました。


そこは閑静な住宅街、玉川田園調布の一角です、私が近づくと何やらその家に人だかりが出来て居ました。



米屋さん、酒屋さん、そして商売は分かりませんが集金に来た業者さん達でした。そしてドアの前には、ポケットに手を突っ込みながら、ドアを足で蹴って居るその類のお兄さんもおりました。


近づくと何やら話をして居ます、それは・・・・、


お宅はいくら有るの、内は~円くらいと、集金額のことでした。私が近づくと、ああ、クリーニング屋さん、居ないんだよこの家!!と、昨日私を怒鳴りつけた奥様の家を指して居ました。


居ない!!、何で!!、と、私はそのお兄さんを無視して、その家のドアを叩きました。もぬけの殻というのでしょうか、家全体がひっそりとして居ます。どう見ても、中でそっと潜んでいる雰囲気では有りませんでした。


居ねえよ!!畜生、逃げやがったと、お兄さん



ということは、私が昨日去った後、その夜なかでしょうが、夜逃げ屋本舗さんでも雇ったのか、引っ越してしまったのですね。


誰かが警察も呼んだのだと思います、お巡りさんも来ていて、家の様子を見てくれて居ました。業者たちはそれぞれ警察に行き、被害届を出しました。


その後も消息不明でした、結局染み抜きのブラウスと、溜まった集金は焦げ付いてしまいました。


教訓 危なそうなお客様は、現金での取引とすること


でも、危なそうな雰囲気は有りませんでしたね、しかし数か月溜めたのですから、 危険範囲でした。アホな私です、とほほほほ・・、


思い出せば丁度この頃、バブルが崩壊した頃でした。田園調布辺りででも、一晩で居なくなったお宅がかなり有ったとか、噂は広がって居ました。


でも、まさか、自分のお客様がと、事実は小説より奇なりとはこのことでしょう。


あの奥様どうしたでしょうか、あの時私を呼び怒鳴ったのも、翌日に引っ越してしまうことを隠す、精一杯の演技だったのかも知れません。


そうだとすれば世の中、一通りでは行きませんね。



失礼しました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。