水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

夜雨

明日は寒い寒い、雪ゆき雪と脅されながら、今日は墓参りに行きました。


ついでに、初詣でしたね。いかに、正月出かけなかったか、つまり病院ばっか行っていたかと、お袋と親父に謝りました。



絵を仕上げねばなどと、めずらしく急かせる気持ちが有りました。


物は水に濡れると、あらゆる色を奏でます。不思議だなあと感じます、海の中の珊瑚が美しいように、雨に濡れた歩道は、あらゆる色を映します。


その表現は、難しいです。描いて見て改めてそう思いました。



正月を過ぎたお墓は、さびしい限りです。参っていても、ここに親父とお袋がいるなんて思えないですね。誰もがそう思っているのではと、でも、そうやって形を受け継ぐことが大事とも思いました。


お袋と親父は、いつも胸の中に居ます。それで良い、そう改めて思った墓参りでした。



失礼しました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。