水彩画 徒然なるままに

自然の光と影を求めて、水彩画を描き始めました、そして懐かしい思い出もと思いました。しかし、ただの自己満足です、興味のある方はどうぞ

味覚障害 1

何を食べても舌が苦く、参り始めてから一か月余り、何か方法はないものかと悩んでいます。


食べ物が美味しくなくても、栄養が入れば良いわと、思っていた時も有りました。


主治医に、先生何を食べても味が苦いんですが~と


先生はにやっと笑って(そんな顔をしたと感じた)、それはわかりませんねえ~、色々な原因があるでしょうから、と。


これは暗に、貴方はそれどころではないでしょうと、言われたような感じでした。物事の重要さは、その人によって違いますが、まあ単純に言うと、味覚より命でしょうと言われたのと同意でした。


でもなあ、味覚が命より大事とは言わないが、味覚のない人生を送りきるくらいだったら、命もなあと思うのです。贅沢なのかな、これって。



そこで、ネット検索しました。世の中には必ず同じような悩みを抱えて、何らかの方法でクリアした人達がいるはずだと・・・・、居ましたよ沢山沢山、でもフェイクもあるだろうから、騙されないようにせねばと。


辿り着いたのが、埼玉の漢方屋さんでした。


何故そこで止まったのか、それはご自身がかなり以前(平成13年頃)に味覚障害となり、その体験を書かれていたのです。


漢方屋さんが味覚障害?、その時点で普通はパスなのですが、その体験の内容に引き込まれました。その言葉が真実なのか、そうではないのかは、おおよそわかるもです。


ご本人も、漢方屋なのに味覚障害かと、嘆いていらっしゃるのでした。


そして、その味覚障害をクリアされる物語が掲載されていました。


私がその体験と分析に、妙に納得しました。自分に当てはめても、この可能性は強いと思ったのです。その骨子は・・・・・、


胃と腸が、もう食べ物は要らないと言っていると、それを脳が受け止めて、舌を苦くしたり、味をわからなくしたりしているんだ、と。


つまり、人生に耐えられないようなストレスが潜在し、生きたくないと訴えている、そういう状態だと言うのです。


続く・・・・、

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。